2010年7月 のアーカイブ

フラワーセラピストの養成

2010年7月16日 金曜日

毎年桜の花が咲くと心が躍り、お花見に出かける・・・そんな経験はありませんか。それはまさに、フラワーセラピー効果を感じているからに違いありません。日本人には古くから、フラワーセラピストが生かすことのできる、様々な文化が受け継がれています。例えば、生け花は、現在世界的にも人気の高い、日本文化の一つです。生け花にとって大事なことは、季節感を大切にすることと、空間をうまくとり入れることです。花から季節の流れを肌で感じ、また、シンプルで凛とした生け花から、心の落ち着きを得る。作り上げる人にとっても、観る人にとっても、メディテーションの効果がある生け花。フラワーセラピストの方に、是非教わりたいですね。また、源氏物語にもあるように、昔の人の間では、季節の花を押し花として和紙に挟み、手紙と一緒にしたためて人に贈る習慣がありました。日本は湿度に恵まれ緑豊かで四季がはっきりしている国です。四季を慈しみ、花で心を伝える、フラワーセラピーの文化が、日本には昔から伝わっており、フラワーセラピストが活躍するにふさわしい場所とも言えましょう。伝統文化を生かした素敵なフラワーセラピストが、今後沢山生まれて欲しいものです。そういったフラワーセラピーの知識を学ぶための学校は全国にあります。インターネットで探すことができますので興味のある方はのぞいてみてはいかがでしょうか?

いろいろなセラピスト養成講座

2010年7月12日 月曜日

ココロを癒すセラピスト。セラピストの種類には様々なものがあります。例えば、福祉に興味がある方に一押しなのが、メイクセラピスト養成講座です。「なんで福祉にメイク?」と思われる方もみえると思います。女性なら誰しもが一度は感じたことがあると思いますが、メイクがうまく行った時、また上手な人にメイクしてもらったとき、心が高揚しますよね!綺麗になることはどの年齢になっても嬉しいもので、オシャレを忘れてしまった、もしくはなかなか出来ないといった老人ホームで今、そういったメイクセラピストはかなり活躍しているようですよ。メイクセラピスト養成講座で美のセラピーを学び、ぜひこれからの高齢化社会に活かしてみるというのもいいかもしれませんね。また、子供が好きな方、教育に興味があるけれども教師にはならなかった、心理学に興味がある・・・という方には、チャイルド・セラピスト養成講座というのもあります。これは自分を出すということが苦手な子供に、絵や音楽、そして遊びを通じて心を開かせていくことなどを行うセラピストです。美容、マッサージに興味がある方には、ヘッドセラピスト養成講座という選択もあります。ヘッドマッサージを通じて、クライアントさんの体を癒すとともに、疲れの要因になっている心までも癒します。いろいろなセラピーの中から自分の趣味や興味のある分野と照らし合わせ、適したセラピスト養成講座を選びましょう。

植物に関わるセラピスト養成講座の種類

2010年7月12日 月曜日

セラピスト養成講座に興味を持った人は、どんなセラピスト養成講座に通おうか、いろいろと迷われると思います。セラピストと一言にいっても様々な種類のものがありますからね。例えば、アロマセラピスト養成講座というのもがあります。これは一般にも普及したアロマセラピーをメインに扱うセラピストです。また、フラワーセラピスト養成講座というのもあります。これは花の持つ癒しの力を借りて、人々を癒しセラピーをすることを主とするセラピストです。お花を扱うことが大好きな方にぴったりですよ。さらに、食べることにも興味がある方は、ハーバルセラピスト養成講座に通うという選択もありますね。ハーブが持つ香り、癒し効果に加え、ハーブが持つ様々な効能を学びます。フラワーセラピストやアロマセラピストは触角、嗅覚に主に刺激を与えるものですが、ハーバルセラピストはハーブを食に積極的に取り入れたり、パックなどに利用したりと、多岐にわたるセラピーを学びます。やりたいセラピーはそれぞれあると思いますので、自分のやりたいものを探して、それに適したセラピスト養成講座を選んでみてください。

セラピスト養成講座の仲間

2010年7月12日 月曜日

セラピスト養成講座を受講する目的は、合格のための効率の良い学習をするためということが多いと思いますが、そこではもっと違ったものを得ることができます。セラピスト養成講座を受講した方からは、授業だけではなく、自分と同じく、セラピストになりたいと頑張っている友達との出会いがあったから良かった、という話をよく聞きます。セラピスト養成講座を受講中に、皆で励ましあったり、わからない所を教えあったりすることはもちろん、セラピスト養成講座を卒業した後も、受講生の仲間で、サークルを作り、月に一回集まって、情報交換をしたり、新しいセラピーを考案して皆で試したりして、楽しい時間を過ごすそうです。なんだか楽しそうですね。そういった交流の中でセラピストとしての悩みを互いに話し合い、励まし合い、セラピスト自身が癒されることも、とても重要なことです。人との出会い、特に、同じ夢を持った仲間との出会いというのは、一生の財産です。この点においても、セラピスト養成講座に通う意義には、大きなものがあると思われます。

セラピスト養成講座の受講者

2010年7月12日 月曜日

世界には様々なセラピストの方がおみえになります。この人々のココロを癒す専門家、セラピストが、最近様々な分野で注目を浴びています。「今やっているお仕事に、セラピストとしての資格を取り入れたい」「転職して、セラピストとして活躍したい」、こういったことを考える方もいることでしょう。そんな人は、是非、正式なセラピスト養成講座で効率良く学び、各セラピストの認定試験を受験しましょう。現在、セラピスト養成講座は、幅広い年代の方が受講しています。セミナーの種類も多く、セラピーについて全く初心者の方から、ある程度知識のある方まで、適切なセラピスト養成講座を受講できるよう、対応されている所が多くあります。また、ハーバルセラピスト、フラワーセラピスト、というと女性の方が多いようなイメージがありますが、男性のセラピスト養成講座受講も増えています。これは、セラピーが実に様々な職業にとって応用可能であり、男性女性を問わず、必要性があるという認識が浸透してきたからに違いありません。セラピスト養成講座は、誰にでも門戸の開かれている、気軽に受講しやすい講座と言えるでしょう。

セラピスト養成講座の意義

2010年7月12日 月曜日

セラピストになるためにセラピスト養成講座を利用される人もみえると思いますが、具体的にセラピスト養成講座ではどんなことが学べるのでしょうか。もちろん、専門知識の取得は、大事な要素ですしそういったことはしっかりと学べます。しかし、学べるのはそれだけではありません。セラピスト養成講座の担当講師は、その道の専門家です。彼らは、専門的な知識のみならず、将来セラピストとして働く上での心構え、考え方といったことをこれまでの経験などとつなげて、懇切丁寧に教えてくれます。成功談だけではなく、現場の失敗談を交えて話してくれるので、後にセラピーを実践する際、非常に役立ちます。これは自主学習では触れることの出来ない貴重な話です。セラピスト養成講座の受講生の中には、人々の複雑な心理状態や感情を対象とするセラピストというお仕事にとって、「愛」がいかに大事か、そして「愛を込めること」とはどういうことか、それを学ぶことの出来たことが何より良かったと話す人もいます。セラピスト養成講座では、職業的な知識、そして「愛」を学び、将来のセラピストとして、人として、大きく成長できる貴重な機会を提供してくれます。

セラピスト養成講座のススメ

2010年7月12日 月曜日

今はストレス社会といわれています。この極度のストレスの中で私たちは生活しています。そんな人たちの中には心のどこかに安らぎを求めている人も多いのではないでしょうか。ココロの癒しが求められる今の時代に、そういった癒しを提供してくれるスペシャリスト、セラピストは私たちの生活にとって、なくてはならない存在ですね。セラピストとなるためには、各セラピーの分野ごとに設定されている、認定試験に合格することが一般的な道のりです。実際には、こういったセラピストの資格と呼ばれるものは柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師の3つしかありませんが、セラピストとして成功するためにセラピスト養成講座を活用することが、一番の近道となるでしょう。試験によっては、セラピスト養成講座を受講することが、認定試験を受験するための条件となっている場合もあるようですよ。現在、セラピーの各分野は非常に細分化されており、それぞれに専門的で複雑な知識の取得が必要となりますが、セラピスト養成講座を受講することによって、必要な知識をピンポイントで学ぶことができます。また、セラピスト養成講座は、現在も仕事を持ちながら勉強したい、忙しい方にもぴったりのそれぞれの人たちに合った効率の良いカリキュラムを提供しています。このセラピスト養成講座をうまく活用し、あなたも、大切な人の心を支える、セラピストとして活躍してみませんか。

セラピスト養成講座と受講後の職業

2010年7月12日 月曜日

世の中には様々なセラピーがありますね。そういったセラピストなるためにセラピスト養成講座を受講する多くの方が、受講後、資格認定試験を受験し、セラピストとして成功したり、セラピスト養成講座で得た知識を別な職業に生かして活躍したいと思っていることでしょう。そのような方々にとって、セラピスト養成講座が、本当にそのような道のりを歩む上で適切な道となるのか、受講後の職業に関しても面倒をみてくれるのかどうかなどは気になる所だと思います。実際、セラピスト養成講座そのものが、その後の就職活動に関してまで世話をしてくれることはあまりありません。しかし、セラピスト養成講座に通うことは、間接的に、その後の活動の手助けとなります。例えば、講師の方々からその業界の具体的な事情を、直に教わることで自分の進路の計画を練り、疑問が出ればそれを講師に尋ねることができます。また、受講者の方々は様々な分野から受講していますから、受講者同士の情報交換から得る知識も、自分の能力を今後どう活かすかということを考える際に非常に役立ちます。また、認定校によっては、試験対策のセラピスト養成講座のみならず、セラピストの資格をもってどう起業するか、といった、ビジネスの視点を提供することにより実践的な活動支援対策を行う講座を設定している場合もあります。このように様々な手段で、受講後自らの幅を広めるための一助となる情報を、受講者はセラピスト養成講座から得ることができます。

自分の紹介

2010年7月7日 水曜日

セラピストとは、何らかのセラピー(治療、療法)を行う人という意味があります。今は様々なセラピストの方がお見えになります。例えば、柔道整復師、鍼灸師、あんまマッサージ指圧師、整体師、カイロプラクティック、気功、リフレクソロジー、エステ、アロマなど、その他にもまだまだあります。柔道整復師、鍼灸師、あんまマッサージ指圧師の3つは国家資格で、文部科学省または厚生労働省の認可した学校へ3年以上学び、国家試験で合格する必要があります。それ以外のものはそういったシステムはありません。ですから、いきなり開業したりすることもできます。しかし、人の体に関係する仕事ですので勉強することが必要だと思います。勉強する方法としては、独学もありますが、スクールやセミナーなどもあるようです。そうやって勉強してようやくセラピストとしてスタートラインにつけます。そこから成功できなければ意味がありませんね。セラピストして成功するための第一歩として「自分はどんなセラピストか」を考えるようにしましょう。自分のことを簡潔に、かつ明確にすることは成功するために大切なことです。